【もし、ジョン・マケインが米大統領になっていたら・・・】

マケインといえば共和党から選出されオバマとの大統領選を戦い、敗北した上院議員である。

マケインはベトナム戦争に参戦し、捕虜となり、拷問にも耐え、5年間の捕虜生活をおくっている。その時の拷問で膝や腕に障害が残った。
その後政治家となって、ベトナムとの国交正常化に尽力している。

ブッシュ政権時にはテロリストへの拷問に対しては
自ら拷問の経験者として
「米軍による拷問は自由と民主というアメリカの大義を傷つけるばかりか、敵の捕虜となった米兵の身も危険にする」と反対した。
(トランプ氏は拷問賛成してます)

また、移民への締め付けを進める政策に対しては「私たちも移民の子孫ではないか」として反対した。(トランプ氏とはまったく異なりますね)

そして、マザーテレサの孤児院にいたバングラデシュの少女を引き取り、自分の子供として育て上げた。

ところが、このことがのちにブッシュとの共和党での大統領予備選で恰好の攻撃材料とされた。
ブッシュ陣営曰く「マケインは黒人の女性はらませ、その子を育てている」と・・・

このとき、マケインがブッシュを破り、共和党から選出され、ゴア氏との大統領選に勝利していたら、イラク戦争もなかっただろう。

マケインが体現している政治姿勢は
「古き良き時代の自由と平等の国、アメリカ」である。

トランプ新大統領が唱える
「アメリカを偉大な国にする」という言葉には
「自由と平等の国、アメリカ」の精神はみられない。

マケインが大統領になってくれてたら・・・・

でも、それでもマケインは私の中では
最も尊敬する政治家であり、
私の中の☆!!である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です