受刑者からの手紙が来た。
これで3通目である。
面識のない私と文通しているのだから
つまり、家族との交流もないようである。

刑務所でも職業訓練があるので
受講するよう勧めたのだが、
「身元引受人がいないと受講できない」らしい。

そんな馬鹿な・・・
刑務所での受刑態度が悪ければ
受講できないのはわかるとしても
「身元引受人がいないと受講できない」というのは
さっぱり、わからない。

こういう理不尽な判断基準がまかり通っているわけである。
これでは再起を図ろうとする者が
社会復帰後の生活手段としての
資格を取得しようとしても
できないではないか。

累犯刑務所であるがゆえ、
受刑者の再起について
刑務官はあまり関心がない(笑)

そうとう雑な待遇のようである。
手紙の文面から
「どうして文通しようと思ったのですか?」
という質問があったのだが、
もともとはマザーハウスの紹介からであり
かつ、罪からの救いは私の課題だからである。

キリストの言葉では
愛が必要なのは
「罪人と病人」なのである。

罪ある人を救えない愛など愛ではない。
それほど立派なことを言おうが偽善にすぎない

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です