大人の色気とはなんだろう。
おそらく、それは「香り」のようなものだと思う。

医療施設に数年いた期間、
隣の男性から
「田中さん、こいばみらんね」と
結構、グロいエロ本を渡されたことがあった。

実は、この手の本は苦手なのである。
「ウソだろう!!」と思われそうだが、
いかにも、
男性誌の袋とじなど見ていそうに思われがちだが、
実は、まったく苦手で
げんなりしてしまうのである。

単に艶っぽさを演出するのであれば
手の表現だけでも十分色っぽいと思う。
過多に肌を露出する
フィジカルな色気よりも、
この写真のように手の繊細な表情、
これだけでも十分艶っぽいと思うのである。

ほんのりと漂う艶っぽい「香り」。
たぶん、大人の色っぽさとはそういうものだろうと思う。
そうした香りのある大人でありたい。いた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です