福岡県内に住む小学校教諭のA子さん。
年齢は30歳を過ぎ、結婚を意識し始めた。
たまたま知人の誘いで合コンがあり、
誘いに乗って、参加した。

合コンは盛り上がり、
泥酔したA子さん、
フラフラになり
その後の記憶はない。

さて、翌朝、起きてみると、
A子さんラブホテルとおぼしき
見知らぬベッドの上で
全裸のままになっていた。

「レイプされた」
A子さんは直感的にそう思い、
すぐに、病院に行って体液を取り出し、
DNAデータをとって警察に被害届を提出した。

その数日後、
A子さんはあるイケメンB君と
付き合うことになった。
B君は実業団バスケットボールチームへの入団が
予定されている長身のイケメン。
入団前の当時、
バル風の居酒屋でアルバイトしていた。

とにかくモテた。
B君目当ての女性客も多かった。
料理はうまいし、
長身でイケメン。
これでモテないはずがない

A子さんもゾッコン。
実はA子さん、小学校教諭でありながら、
趣味は競馬、
それも本格的で
30代でありながら
資産は1000万円を超えていた。
まだ収入がままならないB君に
車などを買い与えた。
そして二人は婚約した。

ただ、B君の生い立ちは
決して恵まれたものではなかった。
幼いころ、両親を交通事故で亡くし、
祖父母から育てられた。
ただ、この祖父母がすさまじかった。
子どもに手をあげるのは
親のしつけと考えるのが当たり前の世代。
B君は小さいころから、
今でいうDVにさらされていた。
暴力が日常化していたのである。

そのB君、ある日、お店の男性客と口論となった。
B君はその日は収めたものの
気分はおさまらない。
数日後、たまたまその男性を町中で見つけ
追跡、男性のアパートに乱入、
ゴルフクラブで滅多打ちにした。

B君は実業団バスケットボールチーム入りを直前にして、
傷害容疑で逮捕。
B君は取り調べを受け、指紋、DNAデータなどを採取された。
すると、とんでもない余罪が発覚したのだ。
A子さんの体内から採取された体液のDNAと
B君のDNAが一致したのである。

真相はこうである。
泥酔したA子さんをB君はちゃっかりお持ち帰りしてしまったのだ。
そして翌日、B君は仕事があったため
A子さんを置いてきぼりにして
そのまま立ち去ったのだ。

B君は傷害罪のほか、強姦罪でも起訴された。

驚いたのはA子さん。
婚約までしたB君が
なんと自分をレイプした犯人として起訴されたのである。
A子さんは被害届を取り消そうとしたが
時すでに遅し、A君は起訴されてしまっていた。

弁護側はB君の情状証人として
A子さんを裁判所に要求。
容疑者の情状証人として
被害者が証言台に立つという前代未聞の
証人要請を裁判所は却下。

結局、B君は懲役10年の実刑を宣告された。

A子さんはB君の面会に訪れ、
涙ながらに別れを告げた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です