福岡県内でサッカーの名門校に
サッカー部員として在籍していたA君、
高校卒業後、地元の国立大学に進学した。

教職免許を取得するため、
女子高に教育実習にいったものの
「教員は向かない」と悟り、
どういうわけか、
大学在学中にデリヘルの
風俗店経営を始めた。

経営は軌道に乗り、
本人曰く
「女の子にサービスの手ほどきを
教えているのが楽しかった」

女の子の入店時には
年齢確認を行っていた。
18歳以上であることが要件となっていた。
しかし、時に、免許証など偽造してくる子がいる。
A君は偽造に気付かず、
18歳未満の女の子を雇ってしまった。

このことが警察にばれ、
Aくんは児童福祉法違反の容疑で逮捕、
5年の実刑を受けた。
これがA君の初犯だった。
おくられた刑務所は
いじめで有名な川越少年刑務所。
食事を取り上げられるシャリアゲは日常茶飯事。
A君は散々な目にあって出所した。

出所後、A君はフランスにわたり、
外人部隊に入隊した。
そこでフランスへの永住権を取得、
また年金を得る権利も取得した。

帰国後、A君は9年間は再犯なく過ごしたが
また、躓いた。
2刑、実刑である。

さらに出所後、仕事もなく
ネットで他人の口座にハッキング、
それが発覚し、3刑目、1年半の実刑で
石川県の金沢刑務所に送致された。

A君曰く、
「もう3犯もなると、
生きたくもないし、死にたいけど
死ねないから、生きている、という感じ」
「刑務所いても、みんな
次はどうやってうまく(犯罪を)やれるか、
ということしか考えてない」

刑務所が犯罪者養成所になってしまっているのだ。

A君自身は本来、まじめなのだが、
もう人生をあきらめきっていた。
前科3犯なのでもう何をやっても無駄だと。
また、幼少時、父親からDVを受けていたらしく、
本人も自覚していたが、
精神的にも病んでいた。

A君には再三、
福岡に戻ってきたら?
と勧めたが、
地元福岡に戻る気はないらしい。

知的水準も高く、
ハッキングもできるので
その才能をいい方向に活用し、
セキュリティー関連をやらせれば
まず、間違いなく、できる能力はあるだろうに・・・

A君、刑務所に入るたびに
「反省」はしただろう。
しかし、「反省」だけでは
あまり意味がないのである。

大事なことは、
罪の病巣となっている
自分の病んだ部分を直視し、
そこに深く入り込んで、
その部分の治癒と回復、
そして再生への内的プロセスを経ることが
「立ち直り」の起点なのである。

A君は自身も認めているように
精神的に病んだままだ。

おそらく、A君は
罪の負のスパイラルから抜け出せないでいる。
それゆえ、人に対して攻撃的となる。
自分の不満を他人にぶつけたいのだ。
しかし、それでも心は満たされず、
さらなる負のスパイラルに絡み取られる。

罪の負のスパイラル。
そこからどう救われるのか。

A君に限らず、
このことが罪ある人にとっての
最大のテーマである。

ただ、負のスパイラルから抜け出すには
まずは、自身が「罪から救われたい」と
願うことが出発点である。

「罪の赦し」と「罪からの救い」

A君が福岡に戻り、
連絡さえしてくれれば・・・・。

少なくとも私は
彼さえその気になれば、
人生の再起は可能だと思っているし
たぶん、微力ながら、力になれるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です