佐賀県内に住むA君。
平成23年当時、パソコン教室の講師を務めていた。
厚労省が実施していた就労支援事業の一環で
就労を希望する人たちに職業スキルをつけさせ
また、受講中、生徒は一定の要件を満たせば、
生活給付金を受給できるという制度だった。

そしたら、嬉野市に住むY君から
「Aさん、久留米市のある有力者で
パソコン教室を新たに開きたい、という人がいるんだけど
会いませんか?」
と誘いを受けた。

そこで、A君、Y君の紹介で久留米でM兄弟とあった。
Y君の紹介ではMさんは「久留米の地元有力者」
ちょっと雰囲気が
「ちょいワル」風だったのが気になったが
久留米の中小企業経営者には
こういう雰囲気の人も多いので
A君は特に気にせず
M兄弟に厚労の就労支援事業について
説明した。
そこに同席していたM兄弟の部下と思える2人が
久留米と嬉野でファイナンシャルプランナーとパソコンを教える就労支援の教室を開くことで話がまとまった。
時は平成22年の8月、暑い日の昼下がりだった。

to be continued・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です