A君が移送された先は福岡拘置所、
しかもC棟3階であった。
C棟3階とは独居房であり、
A君は接見禁止を言い渡されていた。
接見禁止とは弁護士以外、
誰とも会えないことであり、
家族との手紙のやり取りも禁止されていた。
つまり1日だれとも話せない日々が
結局6か月間続いたのである。

さて、C棟3階が独居房の階であることは
つまり、死刑囚もその階にいるわけである。
A君の階には北九州市で連続殺人の罪で死刑が確定した
松永死刑囚がいた。

松永はすでに気がくるっており、
髪は伸び放題、
部屋の前にはついたてがおかれ
外部からは見えないように遮断されていたが、
自傷行為防止のため、ビデオカメラが設置され
1日中監視されていた。

この階は幽霊が出ることが噂されていた。
実際、A君は何度も金縛りにあった。

A君、血液検査の結果、
軽度の糖尿病と診断され、
1日1000キロカロリーの
(成人男性の場合、平均2000キロカロリー)
糖食を供されることになった。

A君、1日誰とも話ができない状態が
その後6か月間続くのであるが、
このことがのちにA君の生活習慣、
人生観を大きく変えることになる。

さて、1日誰とも話をしない生活が6か月間続くとどうなるか?
その内的変化についてはまた、のちほど。

To be continued・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です