何十億の人に、かけがえのない存在だと、
言ってもらわなくてもいいのだ。
それはたった一人からでいい。
「あなたは、わたしにとって、
なくてはならない存在なのだ」と言われたら、
もうそれだけで
喜んで生きていけるのではないだろうか。
(三浦綾子)

必要とされ、感謝されること。

人が自身の存在価値を
感じ取れる瞬間があるとすれば
この一文につきるだろう。

仕事に評価は必要だ。
しかし、評価されることは相対的なものだ。
自分より評価が高い人がいれば
そちらが選択される。

そしてまた、
人は評価されることを望む。
しかし、
そのことを第一義的にとらえると
本来の存在意義を見失う。

一方、必要とされることは
絶対的なものだ。
評価とは異なるものさしが存在する。

この1年間
自分が必要とされることを
第一義としてやってきた。
もちろん仕事も
当然、評価されているし
その内容も決して悪いわけではない。

しかし、
まずは自分が必要とされ
感謝してもらえることを
第一義として取り組んできた。

幸い、
いろんな方から共同事業の
お誘いも受けるようになった。

ただ、自分が必要とされることに
軸足を置くことにかわりはない。

また、今後、自分が取り組むべきことも
明確にしている。

ひとつは地方の中小企業の活性化である。
そして、もうひとつは
「罪からの救い」だ。

このふたつの分野で一隅を照らすことができれば
それで本望だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です