【春の恋歌④】
~ほととぎす~

いにしえの
 恋歌うたう ほととぎす
君のゆくへを 風にまがえば

「まがえば」は「見失う」の古語
ほととぎすは5月の季語ですが、
追想の暗喩にも使われます。

花橘と対で使われると
ほとんど追想の暗喩ですね。

花橘も追想の暗喩でもあります。
古今和歌集のこの歌が元です。
「五月待つ
 花橘の香をかげば
 昔の人の袖の香ぞする」

この歌をもとにした与謝野晶子の歌がこれです。
「橘も
 恋のうれひも 散りかへば
 春を懐かしみ ほととぎす鳴く」

さすが、与謝野晶子。
古今和歌集の歌を元歌にして
いろっぽい恋歌に仕上がってます。

歌の鑑賞も元歌を知ると
また違った味わいがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です