医者でもある新谷弘美先生の著作「病気にならない生き方」。

内科医として多くの患者の腸を内視鏡で診察してきた結果、
筆者は、腸相がいいことが健康の秘訣であり、
食事を通じてミラクル・エンザイムをとり入れることが重要と説く。
そして、「食歴」と「生活習慣」こそがその人の健康状態を決める最大の要因であるという。

これは今の私の食生活の基本にもなっている。
著者が勧めるような
無農薬、有機栽培の食物をとることは難しいが
玄米+雑穀、それに野菜、あとは大豆ヨーグルトとフルーツ。
こうした食べ物を中心とした食生活が今の私のベースとなっている。

このような食生活に改めたのも
この書籍を読んでのことである。

結果、体調はすこぶるいい。

ベストセラーにもなっている本なのでご一読をお薦めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です