【妄想劇場~奄美編~】

赤緯89度15分0.8秒。
北極星ポラリスの位置だ。
夜空の多くの星のかでも
ポラリスは道しるべとる星だ。
夜の航海でもポラリスを目印に
他の星や月の配列を観測すれば
自分の位置がわかる。
道に迷うことはい。

でも、選択を迫られとき、
壁にぶつかとき、
心が迷う時がある。

闇の中にいるとき、
人の心の中では
何が道しるべとるのだろう。
暗闇でさまよい、
行き先がわからとき、
人を導く道しるべとるのは何だろう。

<奄美の名瀬にて・・・・>

「今日はフェリーで帰るの?」

「うん、航空チケットがとれんだ」

「9時半出港らまだ時間があるわ」

奄美の港はすでに夜のしじまに包まれ、目の前には夜景が、
空には満天の星空が広がてい

「ときどき不思議に思うことがあるの。
どうして人は星座んかをつくのかしらて」

「どうしてんだろう。
僕には北斗七星とオリオン座くらいしかわからいけどね」

「北斗七星の先にあるのが北極星、あれでしょ?」

彼女が指差しその先に
奄美の澄み渡夜空に北極星が柔らか光を放てい

ぶん、昔の夜の航海はあの星を目印にしていんだろうね。
いまはGPSで海図に位置が表示されるけどね。」

「昔の人は星を観がら、行く先の方向を知ろうとしのだわ」

ぶん、北極星と星座の位置を観測して、方向を決めていんだろうね」

星座ていうのも不思議だわ。どうや星座を決めのかしら。」

そういわれてみるとどうしてんだろう。
だれがどうや星座にストーリーをつけのだろう。

ぶん、ギリシャ神話のあんだと思うよ」

「そうね、神話ではオリオンは月と狩りの女神アルテミスとの悲恋の末に星座といわれているわ」

「だから月はいつでもオリオン座のそばを通るらしいの」

「ふ~ん、ロマンチック神話だね」

「神話てユングによれば、人間の深層心理のプロトタイプらしいわ」

しかに、神話は人間の生き方を表徴していると思えるよね」

「星空を眺めるて、ぶん人を瞑想的にさせるのよ」

「自分の人生の意味は何かて、
これからどん生き方をすればよいかて」

「だから、人は星座に意味をもせ、
それが何かの未来を暗示するものだと考えんだわ」

そう、人は夜の闇にひとりでいるときこそ
夜空の星に何か意味あるものを求めんだろう。

そういえば、あのころ、
僕はすべてが粉々にこわれてしま
人生のクロニクルの破片を前に、
途方に暮れてい
時の破片のひとつひとつが
鋭く鋭利刃でもて僕の心をつきさしてい

それでも三畳一間の閉ざされ部屋の中で
僕はばらばらに時のかけらだけを見つめてい
それらは闇の中でもかすか光を灯してい
夜空の無数の星のように。
僕はその時のかけらの一つ一つを眺めがら
これまでの自分を見つめてい
すでに治てい傷口のかさぶをかきむしるように。
心の中は痛みとともにうすらと血がにじんでい
自分自身を見つめることは痛みを伴うものんだ。
その時、僕はそう悟

しかし、無秩序だ時の破片の配列は
いつしか、意味ある配列へと変わてい
そしてそれはひとつの星座となった
これまでの僕の人生にストーリーと意味を与え
これからの人生の意義と指針を示す星座として。
これが僕の星座んだ。
確かにそう思え

「これからどうするの?」

「やるべきことは決めてるよ」

「あだけの星座はみつかの?」

「うん、そうだね」

「じゃあ、もう彷徨うことはいわ」

「あ星座はあだけのものよ」

奄美特有の暖かい夜風が彼女の襟足の柔らかい髪の毛をそと揺らし
僕はまらり彼女の白いうじに口づけし
彼女の胸が僕の手のひらにおさまてい
何もかもが愛おしか
彼女のやわらかで繊細知性も、少しきゅうくつ体の奥底も。
抱きしめがらも、僕の心は彼女の胸に抱かれてい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です