特殊学級の先生の講話

中学生のころ、佐賀ではいわゆる進学校に通っていた。そこで、当時「特殊学級」といわれていたいわゆる知的障害のある児童の指導をしている先生の講話があった。はっきりいって、当時、特殊学級など内心小ばかにしていたと思う。だから、 […]

自分を信じるということ

「自分を信じなさい」 まるでメンターのように人はいう。 でも「自分の何を?」 自分の可能性? 自分の能力? 自分の未来? 自分の人格? なんだろう・・・・ でも一番信じるのは あなたがいまここにいて 存在していることの価 […]

孤独になるということ

ひとりの時間が好き。孤独になる。自分の心の奥底に深く沈みこんでみる。 自分の心に問いかける。何を感じているのだろう。何を大切に思っているのだろう。 深いところで自分は答えを出してくれると信じる。 いつのまにかできた幾千も […]