1992年、中国からアメリカに向けて
太平洋を航行中の船が
あるコンテナを海に落としてしまった。
中身は2万9000個のゴム製のアヒルで
10か月後最初の一団がアラスカの海岸に流れ着いた。

それ以来、アヒルたちは世界各地で発見された。
ハワイ、南アメリカ、オーストラリア
そして、北極の氷の海。

しかし、そのなかの2000個は
北太平洋還流にのみこまれた。
それは、日本、アラスカ、太平洋岸北西、
アリューシャン列島をめぐる海流の渦だった。

一度、渦にはまると抜け出すことは困難で
ずっと、同じ流れの中を回り続けるしかない。

でも例外はある。

気候の変動や海上の嵐、
鯨の群れなどに出会うと
進路は変わり得る。

迷子になって20年以上たった今でも
アヒルたちは世界中の海岸に漂着し、
渦のなかの数は減り続けている。

脱出は決して不可能ではない。

渦にとらわれて何年経とうと、
陸を目指すことは可能なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です