2つの点を結ぶ最短距離、それは直線だ。
でも障害にぶつかり直進できないときは
どうしたらいいのだろう。

川は流れがよどむと進路を変え、
蛇行して流れ始める。

鳥にとってはただの曲線でも、
それは河口に達する最も効果的なルートだ。

どんなに回り道をしたとしても
自然は知っている。
道は必ずあるということを。

出会うべき2つの点が
直線でつながらなくても
宇宙は別の道を探し出す。
出会うべき2つの点を
宇宙は必ず引き合わせる。

望みはないように見えても
絆はつながっている。
人はその絆を糧に
過酷な毎日を生き抜いていく。

宇宙を超え、時を越え、
予想外の進路をたどり道は生まれる。

問題は、
人間がその変化に耐えることができるかどうか。
時として道は
まったく別の方向に進んでいくからだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です