恋歌を書いてみたかった。

「古今和歌集」以降、
歌の王道は恋歌だ。

かつて、男は愛する女性へ
和紙に恋歌をしたため、
歌を贈った。

そして女性は男からの恋歌に
返歌を贈りかえした。

五・七・五・七・七という
短い文の中に込められた愛する人への想い。

言葉を選び、自らの想いをそこに凝縮していく。
五・七・五・七・七というわずか31文字の中に。

凝縮されているがゆえに
言葉は結晶となる。
そしてその結晶に芳醇なまでの愛情が満ち溢れている。
だからこそ、言葉が輝く。

艶っぽく、
輝くほどに。

恋歌が美しいのは、
それが愛情に満ちた言葉の結晶だからだ。

大人だからこそかける恋歌。
大人の恋歌。

艶やかに
それでもピュアに。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です