およそ多くの宗教的解釈では
人間にとっての悲劇は神の計画の眼目であるらしい。

悲劇や悲しみは美徳の鉱脈に通じる洞穴であり、
暗闇とは救済という光の世界にたどり着くまでの坑道であると。

しかし、悲しみにうちひしがれていたとしても
人はその暗い坑道を
孤独のうちに歩み続けなければならない。

そのとき、何が支えになるというのだろう。
何が暗闇を照らすのだろう。

愛と光の光度。
それだけが暗闇を照らす灯だ。

そして、人の本当の強さとは
その光度を絶やさぬことだ。

写真の花は「胡蝶蘭」
花言葉は「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です