「言葉に透明感がある」そういわれたことがあります。
ブログに書いた文章をFACEBOOKに掲載した時のこと。

正直言ってうれしかった。
透明感のある言葉。
自分もそういった言葉が好きだから。

透明な光。
それは何もない、ということではない。

プリズムに光を通してみる。
波長によっていくつもの光に分解される。
紫外線から赤外線まで。
その間に7色の光が含まれる。

すべての色を含みながら透明な光になる。

そこには人に有害な紫外線もある。

闇を照らすのは愛と希望の光度。
それは孤独と絶望の闇をしっているから。

救いと赦し。
それは罪と罰をしっているから。

そういったすべて包含しながら
透明な光となる。

そんな言葉を紡いでいきたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です