人間の苦悩は比較できないものです。
それも、苦悩がひとりの人間の苦悩であること、
苦悩がその人の苦悩であることが、
苦悩の本質に属しているからなのです。
苦悩の「大きさ」は、
苦悩しているもの、
つまりその人しだいで決まるものなのです。
~「それでも人生にイエスという」(V・E・フランクル)~

ここでいう「苦悩」を
「痛み」と変えても主旨は通じるだろう。

いろんな人から「悩み」を聞く機会も増えた。
曰く「人間関係がやっかいで・・・」
曰く「仕事がいきづまっていて・・・」

そういう悩みを聞くたびに
「少なくともオレよりましだろっ!!」
と言いたくなるのである(笑)

仕事はマイナススタート、
人間関係は滅茶苦茶。
どう考えたって、
悩みを打ち明けてる方が
私よりもマシなのである。

とはいえ、
歯痛に悩んでいる人にとって
「複雑骨折よりマシだろ」といっても
「痛み」は「痛み」なのである。

「痛み」は比較しても無意味なのである。
特に心の痛みは。

おそらく、痛みを理解してあげることが大切なのだろう。
自慢ではないが、
私はうんざりするくらい
満身創痍である(笑)
しかし、またそれだけ
人の痛みがわかるセンサーを
持ち得ているともいえる。

悩みを打ち明ける人は
つまり「心の痛み」を理解してほしいのだ。
そこに共感してほしいのである。
「わかってほしい」のである。

ただ、もし人が
「痛み」から救われるとすれば
あるいは救われたいと願うのならば・・・
そこに「神の愛」があれば、
救われるのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です