加藤さんはもともとトヨタの労組の幹部を務めていた人である。
その加藤さん56歳を機に弁護士を目指して
仕事をこなしながらロースクールに通う日々を過ごすことになった。
そして4年後、一発で司法試験に合格、
現在はトヨタの顧問弁護士も兼ねながら
労働問題に取り組んでいるそうだ。

この本に出合ったのは3年前、
まだ某医療施設にいた時期である。
そうとうインスパイアされた。

56歳から弁護士を目指すなど
到底考えられないが
それでも加藤さんはやってのけた。

本の内容については示唆されることが多い。
簡単に一部紹介すると
「チャレンジに成功するために」の章では
その要因を五つに要約してある。

①素直な人が合格する
②われ以外すべて師なり
③日々積み重ねるということ
④あきらめないこと
⑤あせらないこと

他にも示唆される内容は多く、
加藤さんの人生観、生き方は
50代の同世代の人たちにとって大きな指針となるであろう。
ご一読をお薦めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です