【元受刑者WさんからTELあり・・・】
先ほどまで電話でWさんと長電話していた。
Wさん、50代の元受刑者。
Wさんが出所した同じ日に
出所したまだ30代のX君のことを
息子のように気にしていて、
X君を時折食事に誘っていた。

しかしX君、出所後1年間で3回職場を変えたらしい。
そして、窃盗で逮捕。
弁護士からWさんに連絡が入り、
事件を知ったらしい。
Wさん曰く
「辛抱足りねえ、辛抱できない奴はやっぱりだめや」

Wさん、出所後のX君を自宅に招いて、
食事をふるまったり、
弁当をつくってあげたりしていたらしい。
30代なので立ち直ってほしい、
Wさんの切なる思いも水泡に帰した。

Wさん、出所後、CADの資格を取得し、
今は、清掃会社に入社、普通に生活している。
それだけに、Wさんのくやしさが電話で伝わってくる。

WさんはX君を受け入れた。
しかし、WさんのやさしさをX君は裏切った。

単純に、X君が悪い、というわけでなく、
ただ、悲しいのだ。

もう「お前が悪いだろ」的な話でなく、
罪の負のスパイラルから
抜け出してほしい、だけなのだ。

罪を責めることを第三者が責めるのはもうやめてほしい。
そうではなく、
罪から救い出すことが大切なのだ。

それはまた私自身が身をもっていえることでもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です