先日、40代のある男性と出会った。
高校の後輩にあたり、
某国立大学を卒業後、
現在はアルバイトで生計をたて、独身らしい。

これまでの職歴を聞くと
能力はあるようだが
将来設計がみえてないようでもある。

人生は必ずしもうまくいくわけではない。
どちらかといえば
不条理でさえもある。

いささか、不条理で
「自分にどうしてこんなことが?!」と
思えるようなことでも
そこで答えを出すのは自分自身でもある。

フランクル流に言えば
「人生に問うてはならない。
人生から問われているのはあなた自身だ」
ということであろう。

厳しいようだが、
実はこれはどれほど厳しい現実があろうとも
それに対してどういう答えを出すのかは
あなた自身の自由でもある、ということである。

つまり「厳しい現実」を前にしても
それに対する考え、態度については
選択の自由が残されているのだ。

それがたとえアウシュビッツであったとしても。

では、「あなたの責任であり、あなたの選択の自由である」として
はたして、それをいう当人がどういうつもりで
相手にいっているのか?

つまり、そういうことで
相手へのかかわりを避け、
単純に言えば
相手を言い負かしたいだけの方便になっているのが
実態である。

それは違うとして、
しかし、
「あなたの責任であり、あなたの選択の自由である」という命題は
ある可能性を示してもいるのである。

私自身は
人は自己治癒能力を有しており、
つまり、自分自身の心の深部に立ち返れば
いずれ、その人の人生は立ち直れるというスタンスにいる。

「あなたの責任であり、あなたの選択の自由である」
ということは私にとっては
誰もがコアなる自分自身に立ち返れば
そこで、最善の方策は
自分自身がすでに答えを有している、
という別の意味も含んでいると考えるのである。

それを私はDNA
(=Divine Natural Awareness 「聖なる自然の知恵」)と呼んでいる。

その人の心にある「聖なる知恵」。
おそらく、だれもがそうしたDNAを有しているはずである。

自分自身に問いかけ
外界の事象にとらわれることなく
自分の心に対峙すれば
必ず自分の心は答えてくれるはずである。

孤独は決して苦痛ではない。
いや、孤独だからこそ
自分の心に耳を傾けることができるのである。

そして、
そこで、はじめて
「自分を信じる」ということの意味が分かるはずである。

そして、はじめて
人は立ち直れる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です