【天球の音楽】
半音階は12の音で構成されていて、
音の長さや並べ方によって、
無限の音楽がつむぎだされる。
協和音と不協和音。
すべては、音同士の数学的比率で表現されている。

地球もまた自転しながら、独自の音を発している。
その周波数は7.83ヘルツで時には少し変化するという
音が発せられる原因は謎だが、
一説では、太陽フレアの影響とも
大気中の電気の乱れとも言われている。

でも本当の理由はもっと単純なことかもしれない。
70億人が発する音に
地球は呼応しているだけなのかも。

それぞれのハーモニーで人は音楽を奏でる。
誰とも違う自分だけのメロディーを、
人はみんな持っているのだろう。

それらがハーモニーを奏でるとき
天球の音楽は聴こえてくるのだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です