10月の奄美出張でまた不思議なことが起きた。
大山自然果樹農園の大山さんが5月に交通事故にあい、
娘さんから軽トラを取り上げて以来、
大山果樹農園にはタクシーを使わざるを得ない状況にある。

9月に初めてタクシーを空港で拾って大山さんのところに行った際、
そのタクシーの運転手である榮さんが
大山さんが退院した時にタクシーで送ったその本人であった。

そして10月に空港から大山さんのところへ行こうとした時も
「あっ、田中さん!」と榮さんが目の前にいるのである。
しかもお客さんを乗せようとしながら。
「田中さんも乗らんね。」と
他のお客さんと同乗させて大山さんのところまで送ってくれた。

榮さんのタクシーを使って大山さんのところにいくのは2回目。
何も電話で呼び寄せたわけでもないのに
なぜか使うタクシーは榮さんなのである。

やっぱり私は奄美に呼び寄せられて行っているのだ。
そこで前世でつながりのあった人たちに巡り会っているのだろう。

奄美のために、これからも頑張っていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です