「独居房での生活はいつまで続いたんですか?」

「平成26年の1月から7月までです」

「長いですねぇ」

「まあ、そうですね。一番困ったのは4~7月ごろです」

「どうしてですか?」

「暑くなってくると、やはり汗かきますし、体が汗臭くなってくるんです。でも入浴は週に2回なんで、自分の汗臭さがたまらなくなってくるんですね」

「週に2回しか入浴できないんですか?」

「はい、それであまりに汗臭いんで、ついついタオルを水で濡らして体を拭いたんです」

「まあ、普通にそうしますよね」

「いえ、それが拘置所内では禁止されてるんですよ」

「えっ、そうなんですか?」

「はい、それが刑務官に見つかりまして、懲罰を受けました」

「懲罰ってどうなるんですか?」

「私の場合は1週間、独居房内でドアに向かってずっと座っているというものです。あぐらはかいてもいいんですが、姿勢を崩すことはゆるされませんのできついんですね」

「それはきついですね」

「まあ、ただ自分は座禅を組んでいると思って、いわゆる内観という瞑想にふけることにしました」

「う~ん・・・なんか前向きなようで、いいかげんなようで・・」

「でもやっぱり、自分にとって意味のあるものにしないとやってられないですよ」

「まあ、そうですね」

「それで7月に雑居房に移りました。」

「へえ、やっと人と話せる環境になったんですね」

「ええ、まあ、そうなんですが、どうもその雑居房では事前に刑務官から『かなりゆるいやつが入ってくるぞ』といわれていたようで、そこの住人は『ちょっとしめたろか』という思っていたそうです」

「えっ、じゃあ、いじめにあったんですか?」

「いえ、そんなことはなかったんですけど、そこの一番席の人は『オレがしつけてやる』という感じで思ってたそうですね」

「一番席ってなんですか?」

「部屋に入った順から一番席、二番席と席順が決まっていて、古い人ほど、まあ、その部屋のリーダー格になるわけです」

「へえ、じゃあ、何人いたんですか?」

「私も含めて6人です」

「何畳部屋なんですか?」

「9畳ですね」

「同居人とはうまくいきましたか?」

「かなりおもしろいメンバーでして・・・
国際商品先物の営業で億単位の金を集めて詐欺罪で起訴された吉田(仮名)さん、
借金の取り立てで恐喝した国松(仮名)さん、
元郵便局職員で6千万円横領した平山(仮名)さん、
コソ泥窃盗の白田くん、
奥さんとレスになってついつい従業員に強制わいせつした大塚さん
まあ、この5人でしたけど、
なんか面白かったですね」

「なんかすごいメンツですね」

「まあ、どちらかといえば軽犯罪のメンバーです。でも隣の部屋は殺人罪の被疑者が2人いましたんで、それからすると、普通に話ができる付き合いやすい人たちでした」

「隣の部屋は人殺しですか?」

「ええ、そのうちの一人は2歳になる実の息子の殺人で起訴されてますから、ちょっと、異様ですね」

「げっ、それはたまらんですね」

「ええ、その人は妖気が漂っていて、半径3メートル以内には近づけないほどでした」

「もう一人は出会い系サイトで知り合った女性とエッチしたあと、その女性から金銭を要求されて、振り切って車で去ろうとしたさい、その女性を引きずってしまって死に至らしめたという人で、もうこの人も病んだ表情をしていましたね」

「はあ・・・そうなんですか」

「だから、本当に殺人を犯したかどうかはその人の表情や雰囲気でわかります」

「そうなんですか」

「はい、そうですね。だから殺人の冤罪を主張している人を3人知っていますが、あっ、この人はやっぱり冤罪だなってだいたいわかります」

「殺人の冤罪はきついですね」

「まあ、そうですね。そのうちの一人は22年の刑期を終えて再審請求しています」

「22年の刑期ですか・・・」

「そういうヘビー級の人たちからすると、同居人は罪を犯したといっても社会では普通の生活をしていた人でしたので、普通の話ができてよかった方ですね」

「雑居房での生活はどうだったんですか?」

「それはまたのちほどお話しします」

To be continued・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です