20世紀最大の画家バルテュス。
バルテュスは個人的な生活を公にすることはなく、
バルテュスによればそれは
「自分は画家としてのみ公に属するのであり、
私生活は自分の作品を理解するのに何の役にも立たない」という。

この書はバルテュスが自らの生い立ち、
交友関係、芸術文化にわたって語った
唯一の書といっていいだろう。

バルテュスの最初の画集はなんと11歳の時。
8~10歳までに描いた
愛猫「ミツ」のデッサンが
11歳のバルテュスに出会った
詩人リルケの目に留まり、
バルテュスの処女画集が発刊された。
その序文をリルケが書いている。

またリルケは13歳のバルテュスと
中国美術の系譜について語り合ったという。

そしてバルテュス22歳の時、
リルケから紹介された
パリに住むアンドレジイドの邸宅に
客として住むことになる。

ともかくバルテュスの交友関係がすごい。
ピカソ、ジャコメッティ、サルトル
カミュ、ジャックラカン、ロランバルト
ジョルジュバタイユなどフランスの芸術文化の
最高の人物と交流している。
特にピカソはバルテュスの絵画を購入している。

バルテュスは自身の絵画のことを宗教絵画といっている。
具象画でありながら、
絵画の隅々にいたるまで満ちている静溢な神性。
それがバルテュス絵画の魅力だろう。

そして日本のこと。
日本で出会った女性セツ子さんを後に妻とする。
親日家の一面もみせる。

この対話を通じてわかることは
バルテュスの文化芸術に関する理解の深さである。
限りない知性と教養に裏打ちされた芸術家であることがわかる。

バルテュスファン垂涎の書である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です