【雪の恋歌】

君のために言葉を紡いでいこう。
そして、降り注いでいこう。
粉雪が舞い落ちるように。
ひとひら
  ひとひら
君の髪に、
  君の肩に、そっとふれるように。
そして、君の心にそっとしみいるように。
そして、いつしか、
君のまわりに雪原がひろがるように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です