中小企業診断士の試験を今年は受験しようと思い、
過去問に挑戦していますが・・・
3周目に入ってもなぜか同じところで間違えることがたびたび・・

自分でも「えっ?」と思うのですが、
つまり、自分の思い違い、
記憶違いを修正するのが簡単ではなくなった、ということです。

このことを日常生活に当てはめて考えると
おそらく自分の思い違い、
記憶違いがあったとしても
それに気が付いて修正することが
なかなか難しい、ということでもあります。

とすれば、
やはり自分の知識を
増やしながら、
自身の思い違いや
考え違いを修正していくことを
不断から取り組んでいくことが重要ということでしょう。

ほんの1度のずれが
長い年月で大きなずれになることもあり得ます。

自分の知識を増やしつつ
細かい軌道修正していくことこそ
50代の知識づくりに必要なことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です