プロダクティブ・エイジング。
聖路加病院の名誉院長で昨年亡くなられた日野原重明さんの造語です。
アンチエイジングでもなく、
ウェルエイジングでもない「プロダクティブ・エイジング」

創造的な年齢の重ね方、という意味なんでしょう。

28年の9月に社会復帰して
その前の2年2か月に渡る
某医療機関での拘留生活を通して
決意したことが2つあります。

これから自分がやるべきこととして
決意していることは
社会的価値の創造、
そして公益性に寄与すること、
このふたつです。

具体的には
WEBマーケティングを普及していくことで
地方の中小企業の活性化に寄与すること、
そしてもうひとつは
「罪の赦し」「罪からの救い」
元受刑者の社会復帰を支援していくことです。

理解を得ること自体、
困難を要しますが、
しかしながら、
理解を広めていく活動そのものが
いずれ社会的価値の創造につながるものと
信じております。

55歳ですので
「GO!GO!」と(笑)
そんな気分で
「プロダクティブ・エイジング」を重ねていく所存です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です