NHKの新ドラマ「バカボンのパパよりバカなパパ」が面白い。
いうまでもなく赤塚不二夫の人生を娘のりえさんから見た世界が繰り広げられる。
父親を認めることができないりえさん。
娘に対する純粋な愛情とそれを受け入れてくれない娘への葛藤。
結局、家族から離れてしまうのだが・・・

そういえばバカボンのパパの決め台詞「これでいいのだ」
おそらく赤塚不二夫はすべてを受け入れてきたのだ。
支離滅裂のようでいながら、
何もかも受け入れてきたのだろう。
それを笑いにしてきたのだ。
つらいことも
いやなことも
「これでいいのだ」と。

いいドラマだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です