この時期、地元の声援を受けて出場する
高校球児の活躍が楽しみのひとつになる。
高校野球でどうしても思い出すのが
大会歌「栄冠は君に輝く」の作詞家、加賀大介さんのことだ。

高校野球大会歌は1948年、朝日新聞社の大会歌詞募集で
加賀さんは後に妻となる中村道子さんの名を借りて
応募し、見事、5,252篇中の1位となった。

賞金は当時の金額で5万円、
当時の公務員給与の10倍以上だったらしい。

加賀さんはもともと野球少年で
16歳の時、練習中足を怪我し、
その怪我が悪化し、右足を切断した。

野球の夢は断たれ、
その後、加賀さんは詩作にふけるようになり、
プロの文筆家となった。

そうした中、
朝日新聞社の大会歌詞募集を知り、
後に妻となる中村道子さんの名で応募、
見事、「栄冠」を勝ち取ったのである。

加賀さんは
自分の作詞であることを伏せていたのだが、
1968年に真相を明かし、
その後は「加賀大介作詞・古関裕而作曲」と
表記されるようになった。

加賀さんは甲子園で
高校野球を見ることを夢見ていたが
その夢を果たすことなく、他界した。

野球少年であった加賀さんは
足を切断した時に
夢を断たれた。

しかし、詩作に耽け、
高校野球の大会歌を作詞することで
加賀さんは高校野球に永遠に名を残すことになった。

加賀さんの野球への情熱は
高校野球への夢は
別の形で実現したのである。

人生は決して直線的に進まない。
流れがよどめば、
別の道を見出し、
新たな流れをつくりだす。
そして宇宙は必ず新たな接点を見つけ出すのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です