「後半の人生には宗教が必要である」
こういったのはユング心理学の大家、河合隼雄氏である。

河合氏がいうことをシンプルに言えば、
「人生後半は死に向かう生を生きる。だからこそ宗教が必要になる」ということらしい。

確かに、私も両親の死後、自身の「死」も意識するようになった。
「死」という視点に立った時に見えてくる
現在の私の「生」もまた意識するようになったといえる。
「死」を意識することで改めて「生」が浮き彫りになってくるという構図である。

また一方で、宗教的視座をもつことで
これまでの「生」を俯瞰してみることも大切になってくる。
それは単に過去を振り返るということではなく、
これまでの「生」のそれぞれの出来事の意味を
「自分にとってそれはどういう意味だったのか」ということを
俯瞰してみることが大切である、ということである。

それはたとえてみれば、
無秩序のようにも見える星の配列を
意味ある「星座」として、
再構築していく思考プロセスともいえよう。

自身にこれまでおきた数々の出来事。
一見、無関係に思える出来事の時間的連鎖が
自分にとって「意味ある連なり」として見えたとき、
これからの人生の指針となる「星座」がみえてくる。

そのとき、はじめて
自分の「生の意味」も理解できるようになるのではないだろうか。

ややもすると
自分にとって「辛かった出来事」こそ
実は、大きな意味をもつものであることも多い。
一見「不幸な出来事」にもその奥底に何らかの意味があり、
それを自分にとって「どのような意味や意義があったのだろうか」と
問いかけ、自分なりの意味を理解するとき、
「不幸な出来事」は「不幸」ではなくなり、
「意味あるもの」として、再び自分の中で生成されてくる。

そうすることで
自分の「生」の意味をより深くとらえることができるだろう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です