【幸福な人生への再スタート術⑤】
~深く、自己の内部へ・・~

「ひとり」を勘違いしていた、
とても幼稚で悲しい誤読をしていた。
それは(もうひとつの)いちばん最初に訪れる絶望で、
いちばん最後におとずれる、鮮しくて眩ゆい希望だ
(井上法子 歌人)

井上法子さんは東大文学部博士課程在学中(もう修了したかな?)の新進気鋭の歌人です。

ひとりであること、
孤独であるということ。
その入り口は絶望かもしれないが、
その出口は希望であるということ。

これはたぶん、真実でしょう。

私の場合は半年間、1日誰とも話さない日々をおくりました(苦笑)。

最初は、深い孤独感に絶望的な気持ちになりますが、
そのうち、だんだんと自分自身のことを深く考えていくようになります。

これまでの自分のこと。
これからの自分のこと。

最初は腹立たしいことばかり頭をよぎります。
「あの時別の選択していれば」とか
「あの野郎!!」(笑)とか・・・
しかし、そうした悔恨や憎悪の感情は
かえって自分を苦しめることになります。
そういう負の感情そのものが自分の重荷になってくる。
すると、できる限り、無駄な感情はそぎ落としていく、という
感情のデドックスみたいなことを自分でやっていくわけです。

無駄な感情をそぎ落としていくと何が残るか。
私の場合は「愛している人を愛する」という感情のみが残りました。
それだけが自分の心を満たしてくれる感情なんだということに気が付きます。
「愛している人を愛する」というだけで感情は満たされるわけです。
というより、孤独の中では、それが心の支えになっていたといっていいでしょう。

恋歌はそのころしたためたものです。
たとえ、相手からの返歌はなくても・・・

そして、それでも続く孤独な状況の中では、
さらに、自分自身の内部に深く沈降していきます。
すると、自分の中にある余計なもの、
腐った部分をどんどんそぎ落としていって、
自分のコアな部分、自分の核心に向かうようになっていきます。

自分自身の核心、そこにたどり着くと、
これから自分が「何をなすべきか」
「なぜ、いまこの状況にあるのか」
そういったことの意味が見えてきます。
自分自身の存在意義をはっきりと自覚するようになります。

自分の「核心」にたどり着くことで
自分自身の存在意義を「確信」する、ということでしょうか。

私の場合は2つ、これからの自分の存在意義を明確に意識しました。

孤独の中で、自分自身の核心にぎりぎりまで沈降していくことによって、はじめて、自分の存在意義やこれからの人生の意味は見えてきます。

つまり、それまでの「孤独」による「絶望感」は、
自己の内部に沈降し、
自己の「核心」に近づくことで、
自分の存在意義を「確信」するための
入り口だったのです。

そして、その「確信」は「希望」に変わります。

「孤独」はそれ自体「絶望感」を伴いますが、
しかし、それは自分の余計な枝葉をそぎ落とし、
自己の「核心」に近づき、
そこから「希望」という出口に向かう
自分で掘り進めなければならない暗い坑道でもあるのです。

写真の花は「ストック」
花言葉は「愛の絆・永遠の愛・見つめる未来」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です