うつし絵に 口づけをしつつ幾たびか 千代子と呼びてけふも暮しつ」
山本五十六)
太平洋戦争のさなか、山本五十六は愛人である河合千代子さんに恋文を送っていた。
上の恋歌はそのひとつである。

当時、山本五十六は57歳。
それでも愛する人に恋歌を贈り
愛する人に「愛している」とストレートに伝える いろっぽさ。
大人の ダンディズムを感じさせる。

気障と思う人もいるかもしれない。
しかし、もし、あなたが死の間際でもいい、
誰かに一言だけ伝えられるとしたら
誰に何を伝えるだろう。
おそらく多くの人が
愛している人に
「愛している」と伝えたいと
願うのではないだろうか。
それが自然な感情である。

大人になればなるほど
そうした自然な感情に素直になれる、
それが何かしら
その人のメンタルないろっぽさを漂わせる。

大人の色気とは
つまるところその人のメンタルな香り、
いろっぽさだと思う。

年齢とともに外形的な容姿は衰えていく
しかし、メンタルな輝きは増していく。

そうした色気のある大人でありたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です